『親子で学ぶお金の教養』 ”深い学び”となりました。”学びを活かす”こどもたちの素晴らしい頑張り、これから必要とされる学びの形がここにあります。



専門家を招いてのレクチャー、
特別講師 今田 貴仁 氏 (三井不動産株式会社 経理部 財務グループ)を招いて

 「お金を知って世界を知ろう!未来のお金はどうなる?親子で学ぶお金の教養」を終え、
こどもたちは知識を得るだけではなく、その知識を活用して次の疑問を探究し、自分なりのまとめや学習方法を身につけてくれました。

4回のレクチャーは、「対話的、主体的」授業を意識し、こどもたちが自分の身の回りと社会とを結びつけながら考えてもらいました。

知識を使い、探究し、自分なりの学びの表現法を見つけ出す、深い学びです。

お金の大切さや株の運用も学び、その先の認識として、
お金は「自分のためだけではなく、人のためにもつかえる」ということをお話しました。


自分の能力やできることを思う存分に、惜しみなく相手に差し出して、人に喜ばれ、
人の役に立ってこそ初めて、価値のあるお金が自分に入り、またそれを人のために使うことが
できるのだと。

習ったことを帰宅後にお父様にレクチャーして、とても褒められた生徒さんたち、
お母様がこっそり見せてくれた”まとめ発表の台本”は素晴らしものでした。


そして、この↓の動画は最終日、帰宅後に慣れないPower Pointを一人で挑戦し、

「まとめを今日中に先生に送るんだ!」と一生懸命作ってくれたもの。
その日の22:30ごろにメールで送られてきました。

小学4年生、本当に頑張ったのだと思います。



何をどのように学ぶのか。その学びをどう活かすのか。
自分で学びを次へと探究する力
ここに、これからの子どもたちに必要とされる学びがあります。
Future Me, Future Usとグランディールの子どもたちは、
『自分の強み』でこれからの社会を生き抜く子どもたちです。


「マネー教養のまとめ」 小学生4年生 M.Kくん



次回のGuest Expert Programは、ロボットプログラミング、ロボット製作のプロフェッショナルたちが、AIとともに生きる今の子どもたちの未来を再現します。

そして、幼稚園生「お金の教養」も始まります。



Future Me, Future Us 白金高輪
Student-centered Project-based Creative Learning
創造学習をベースにした2歳から12歳までのバイリンガルトータルスクール
お問い合わせはこちら

Grandir グランディール 二子玉川
Cross-Curricular Hand-on English Education
幼児から小・中学生の探究型英語スクール
お問い合わせはこちら

つくりたかったのは、
2歳でも哲学を学び、5歳でも芸術に触れ、
11歳でも主体性を持って大きなプロジェクトに
挑戦していくようなスクールです。

お問い合わせはこちらから。お気軽にどうぞ