2歳でも哲学を学び
5歳でも芸術に触れ
11歳でも主体性を持って
大きなプロジェクトに挑戦していく
スクールです。

プロジェクト型の「探究学習メソッド」をベースに、考え、見つけ、じぶんから生み出し、伝えるプロセスを繰り返します。その中で感性と教養を高めることをゴールとしています。

子どもたちの疑問や興味をもとに、一つのプロジェクトに対し、数週間にわた って向き合っていきます。

インターリーブ学習を用いて、子どもたちの好奇心から生まれたテーマと他のあらゆる事柄とを関連づけながら、一つのテーマを次々に発展させていく学びです。

子どもたちが常にチャレンジしながら、得た知識を自分自身のリアリティーにつなげていくプログラムです

探究学習とは

例えば、子どもたちが自分たちの未来を想像していくプログラム。

The Perfect Community とはなんだろう?というテーマを決めたとしたら­ 現在社会が抱える問題と未来への可能性をリサーチし、そこから人と環境にやさしい街づくりをイメージします。

そこで浮かんできた数々のアイディアを実際に模型として創ることで立体化。

更にその街では一体どんな商品やサービスが必要なのかを考え、マネー教育を含めた商品開発の基礎を学ぶことにまで発展させていきます。

子どもたちの創造性と協働を通じて学びが無限に広がっていきます。

これらの調査・思考・創作・交流、全ての過程は英語と日本語を用いたバイリンガルな環境で行われます。

英語と日本語の両方で学ぶことで、それぞれの言語の中で培われた文化を同時に学び、思考の深さを養います。

Activity

【環境】

未来のPerfect Community(理想的な社会)をみんなで表現しました。

そこから「高齢化」や「グローバルな社会」など、ひとりひとりが新しい疑問を見つけて深めていきました。

【音楽と水】

雨の音、車の音、葉が触れ合う音など、身近にある音を録音しました。

それらの音を、水が作り出す音とつなげながら作曲しました。

探究学習を身につけた先には、
「リアルプロジェクト」への参加ができます。

Future Me, Future Usは、
「子どもと親のためのスクール」でもあります

子どもの成長に最も影響を与えるのは、そばにいるご両親。
だからこそ、親御さんとのコミュニケーションを大切にしています。

子どもと一緒に参加できるプログラム「Parents’ Seminar〜どんな親子になっていこうか」の他、子育てのご相談なども随時受け付けています。

保護者様のお声

村松先生は幼児教育の専門家であり、子どもの個性を尊重して、子供の未来を考え、それぞれの子どもに合ったアプローチをしてくださいます。

英語の指導だけでなく、子どもの様子がいつもと少し違うときなどには、すぐに気づき声掛けをして話を聞いてくださり、子どもも先生の愛情を感じて、身をゆだねて心から安心して通っているのがわかります。

また、時には同じ母親として、私の不安や悩みに温かく寄り添って頂き、私としても心の支えになっています。

村松先生のいつも温かく大きな笑顔に時に励まされ、時に安堵し、7年が過ぎました。子どもだけでなく、私にとってもかけがえのないお教室です。

この先もずっと通えることを心より願っています。

(K様)

このスクールのような小学校があったらいいのに・・というのが私たち夫婦の願いです。

家では天真爛漫な娘が、外ではなかなか自分を出しきれないと感じ始めたのは、幼稚園に入園してしばらく経った頃でした。
そんな娘が変わったのは、グランディール、そしてグランディールのハワイのサマープログラムのおかげです。

このスクールのプログラムとそしてそこに通うほかのお友達のおかげで、娘は自分を表現することの楽しさを身をもって体験でき、殻を破ることができました。

このスクールの考え抜かれた探究学習のプログラムにはその全てが含まれていると私たち夫婦は感じています。

昨年のサマースクールではサステイナビリティ(持続可能な社会)がテーマで、4歳の娘には理解できないものと私は決め付けていました。

また、ハワイプログラムを終えて日本に戻ると、娘はペットボトル飲料をねだらなくなり、エコバッグを持ち歩き、ごみの分別を意識し、ごみのことを考えて物を買うことを控えるようになりました。
環境を考え、自ら考える力が育まれた経験でした。

子どもだから分からないと決め付けない。
このスクールを通して、私たちも親として日々成長しています。

未来を見据えた教育の中で、子どもも楽しく、親も学び多く、安心して通わせられるスクールです。

(I様)