12/12 子ども地球会議 with うじじきれい団 沖永良部島とZoomを繋ぎ、美しい地球を守るこども対談!


豊かで美しい地球が続くようにみんなで、考え、決め、行動します。

沖永良部島 ビーチクリーン


子どもの主体性、育っていますか?

2017年の夏休み。宿題のテーマ「環境問題」。
かんきょうもんだいっていったい何だ??

沖永良部島に住む三人姉妹の少女たちが夏休みの作文のテーマとして始めた活動が「うじじきれい団」。
鹿児島沖永良部島 ウジジ浜。サンゴ礁に囲まれた美しい島の浜辺に降り立ちじっとみると、
漂流ゴミがたくさん流れ着いている。

うじじきれい団は、浜辺のゴミ拾いを始めた。どこから流れてくるのだろう?

このゴミは地球にどんな影響があるのだろう?

それから、4年間毎日、学校に行く前に浜辺に行く。

それも、だれかに言われるわけでも、何かの約束があるわけでもなく、自主的に。

「だって、キレイな浜辺で遊びたいもの。」

それらのゴミを拾い上げ、バーコードを確認する。
発見したことは、海外で製造されたゴミが多いこと。
どの国でつくられたものなのか。
どの国から流れ着いたのか。
自由研究が始まった。

ゴミと一緒に綺麗なシーグラスや貝殻も探して集める。
それは楽しみの一つ。
つらい仕事も楽しみを見つけることで、豊かな活動に変わっていく。


(未来の暮らし方を育み泉の創造プロジェクトより http://ryuzofurukawa.com/spcontents/index.html)

うじじきれい団と東京のこどもたちがZoom地球会議を発信します!

こどもたちのエネルギーは大人を動かし、活動が全国に、世界へ伝わっていきます。

世界の海がきれいになることを願って。

Future Me, Future Us 「わたしの未来、私たちの未来を考える!」
子ども地球会議 with うじじきれい団

同時開催レクチャー 親子で考える
「ゲームはなぜ時間をくぎるのだろう?勉強をやり続けたら褒められるけど、ゲームはダメっていわれる。どうしてか考えてみよう、ゲーム脳の本当の意味。」



日時:2021.12.12 13:00~
場所:Future Me, Future Us 南青山

Future Me, Future Us リアルプロジェクト

子どもたちが自ら問を見つけ、
答えをつくり、社会へ発信するところまで。


各領域のプロフェッショナルや海外のユニークな教育団体など、

様々な人や組織とコラボレーションを通して行われるのがリアルプロジェクト。

子どもから大人へ、教育から社会へ、
境を超えて学びのある機会をつくっています。

ここは、自分を知り、
じぶんをつくり、
未来をつくる場です。

お問い合わせはこちらから。お気軽にどうぞ