『ものではなく、こども主体の自由に考え、自由に行動するプレゼント時間をあげましょう!』

教育が変る!
これからの教育は、こどもたちの『しあわせ度』が上がります。主体性、どう教えますか?


主体性をもって考え、行動する子どもの会話は、とてもユニークで面白い。

そこには知識や情報だけでなく、感情がのり、背景が浮かぶような自由な表現があり、新しい発見や共感が生まれるからです。

主体性をもつとは

自分で考える力

自分で成長する力

自分の目標をみつけ、学び続ける力

人の心を感じる力

臨機応変に考え、柔軟に行動する力

これらが伸び、自分の才能や個性を最大限に発揮できるようになります



主体性の低さの根本的な原因は、「自分で考える」ということが習慣化されていないことです。


こどもの主体性、まわりの大人の『寛容さ』に、比例するように思います。


こどもの主体性は、

自由に考え、
聞いてもらえる喜びを感じ、
コミュニケーションで得られる共感的理解や楽しさ、
喜びを得ながら形性されていきます。

知識のためのインプット学習は、学校の中で十分学べます。


自主性を引き出すため、自宅でコツコツ、こども主体の小さな挑戦をする時間、
こども主体での会話の時間をあげましょう。

「15分、あなたの時間よ!」と一言、言ってあげるだけで、こどもは何をしよう!
何を話そう!とワクワクし始めます。特別な時間にかわります。


お母様セミナーで、教育情報、ご家庭での主体性、創造性の育て方もお話しています。
親と子のスクールでもあります。




Future Me, Future Us 白金高輪
Student-centered Project-based Creative Learning
創造学習をベースにした2歳から12歳までのバイリンガルトータルスクール
お問い合わせはこちら

Grandir 二子玉川
Cross-Curricular Hand-on English Education
幼児から小・中学生の探究型英語スクール
お問い合わせはこちら




つくりたかったのは、
2歳でも哲学を学び、5歳でも芸術に触れ、
11歳でも主体性を持って大きなプロジェクトに
挑戦していくようなスクールです。

お問い合わせはこちらから。お気軽にどうぞ